育毛を始めたのは、実は20代からです。危機感はありました。やはり、髪の毛の有無は、見た目に大きく影響すると思います。どうしてもハゲは避けたい!その気持ちは若いころから持っていました。

まだ20代の頃は、シャンプーにこだわる程度でした。とはいっても、市販品のうち美容室だけで売っている製品を選ぶなど、育毛に関係あるなしに関わらず、普通の製品からこだわって選ぶ程度のものだったのです。

しかしアラサーと呼ばれる年齢になってからは、てきめんに危機感が増しました。シャンプー時の抜け毛の量について、どう考えても増えてきたのではないか・・・そんな気がしてならなくなったのです。

そこで、本格的な育毛を考え始めました。さまざま調べ、いわゆる「育毛シャンプー」では洗うだけで効果が出るのか?と考えると疑問符が付きましたし、トニック的なものだと、使い心地が心地よいというだけで果たして効果は出るのか・・・など、さまざまな検討を重ねました。

そこで、アイテムとしてひとつ追加することとしたのは育毛剤。選んだのはロゲインであったという訳です。何が決め手となったかというと、日本に比べ圧倒的に禿げている人が多い海外で人気を集めている製品だということで、一日の長があるのではないかなと思ったのですね。国内製品は幾度もリニューアルを重ねていることもあり、まだまだ開発の過程にあるのではないのかなと思ってしまったことも一因です。徹底的に検討して選んだロゲインに、期待膨らむ今日この頃です。