髪の毛が気になり始めたのは高校生くらいからです。他の人がどうなのかはわかりませんが、我が家はハゲ家系なのです。祖父も父ももちろんハゲていますし、おじもハゲています。ハゲ具合はそれぞれですがやはり、年齢を重ねるとほんとうにつるつるになってしまいます。

若ハゲでなければ、年齢なりであきらめもつきますが、残念ながら全員若ハゲです。誰一人として、美しい銀髪・・・の男性は親せきにいません。ただし、女性陣は豊かな髪の毛を誇っています。少しくらい分けてほしいです。

高校生から社会人になりたての頃までは、トニック類や頭皮のマッサージなどを行い、治療の前段階として、予防に努めていました。本格的に、食事内容などの生活習慣を考え始めたのは30代目前でしたでしょうか。とはいっても仕事がありますから、できることには限りがあり・・・育毛シャンプーや育毛剤などに凝り始めたのはその頃です。

わたしの家にはたくさんの育毛関連グッズが転がっています。本当にいろいろ試しました。中にはかぶれてしまったものや、付けた瞬間ピリッとしていやになり、そのまま放置したものも。両親と同居していたときは、不要になったものはすべて父が後を引き継いで使っていましたが、あまり効果はなかったようです。

そして今はロゲインにたどり着いています。ちなみに、他のアイテムでは何も効果が出なかった父が、これは違うとすすめてくれたのがロゲインです。父の状態を見る限り、今後が楽しみです。