年齢的にある程度は、男性は、髪が減ってというのは仕方ないことだと考えていました。自分の親父も、気づけばもうすっかり薄くなっていたし、祖父も薄かったです。歳を重ねても十分な髪の量を保っているのは、嫁さんの実家の方はそうですが、自分の家系は、全員すっかり薄くなるのが当然のことだったのです。

それでも、ちょっとまだ早すぎやしないか、もう少し髪の毛が生えていてほしい、少しでもいいから延命させたいという気持ちがもたげ、思い切ってロゲインでの育毛を始めたのでした。

なぜあきらめていた育毛を始めることにしたのかというと、結局男も見た目だよな、ということです。特にもてたいとかそういう明確な目的があったわけではないのですが、ちょっと病気をしたからでしょうか。そのことをきっかけに、いつまでも若々しく健康的でありたいと、そのような希望を持つようになったのかもしれません。

ところでロゲインですが、いまのところ快調に使い続けることが出来ています。朝晩使っています。めんどくさくないだろうか?と思っていましたが心配無用でした。使うと頭皮が心地よいので、習慣化することには何のハードルもありませんでした。

使い続けてからは半年ほどが経過しているのですが、髪の毛の方へは徐々にという感じでしょうか。いきなり毛がボーボー生え始めるということはもちろんありませんが、今あるわずかな髪の毛には、多少なりとも勢いが戻ってきたように感じています。ふさっとする日を夢見て、これからも続けていきます。