髪のケアを始めたのは、彼女の一言からです。

「なんか、どうしたの、薄いね」

と言われました。彼女は何も考えずに言ったみたいでしたが、わたしの心は激しく傷つきました。でもこのときまで、自分自身が、髪の毛について危機感を抱いているということには気づきませんでした。

彼女は化粧品などにくわしいようで、何やら調べて育毛剤を買ってきてくれました。そして、もみこむようにしてヘッドスパまでしてくれました。これがまた気持ちが良くて・・・聞くと、美しい髪を持つ彼女は、美容院に行くのみならず、ヘッドマッサージやヘッドスパなどにも良く通っているそうなのです。なるほど、ちゃんと手入れをしているから綺麗でいられるのか・・・と当たり前のことですが、気づかされたような気がしました。

彼女がい無いときにもせっせと育毛剤を使ってマッサージ。容器が軽くなってきたくらいには、みずからウェブで、いい商品はないかと探すようになっていました。そこで気になったのがロゲインだったのです。

ロゲインいいですよね。初めに手にした育毛剤は、「毛が生える」といったものではなく、あくまで補助するようなタイプのものだったのですが、ロゲインとは並行して使っています。そのおかげでロゲイン効果が強化されたのか、髪にハリ・コシが戻ってきました。ツヤも出てきたように感じます。こんなに変わるものなのですね。髪を切りに行った際にも、「シャンプー変えたのですか?」と聞かれてみたり・・・気分がいいです。もっと結果を出すために、もっとロゲイン使っていきます。