ロゲインとは
有効成分ミノキシジルが配合されている育毛剤のブランド名です。ロゲインはミノキシジル育毛剤のオリジナルブランドです。現在は米ジョンソン&ジョンソン社が製造販売を行っています。ミノキシジルは米FDA(米食品医薬品局)が初めて認可した発毛効果を持つ成分です。ミノキシジルは血圧を下げる作用を持っています。

ミノキシジルは当初は血圧を下げるための薬として販売されていましたが、ミノキシジルを使用した患者の体毛が増えることがわかり、現在はミノキシジルは育毛剤としても使われています。ミノキシジル育毛剤は髪を増やしたい部分に塗って使います。ミノキシジルは頭皮に浸透して毛根に到達し発毛を促進します。縮んだ毛根を活性化させ、太くて強い髪をつくります。ミノキシジル育毛剤は医薬品ですので、使い方を間違うと危険です。取扱説明書の指示にしたがって使用してください。

発毛するまで

ロゲインは1日2回(朝と晩に1回ずつ)使用します。ロゲインは体質に合う場合は使い始めてから約2~4ヶ月程度で効果が現れます。ロゲインが体質が合う場合でも、人によっては発毛までに6ヶ月くらいかかる場合があります。6ヶ月以上使い続けて発毛効果が現れない場合は、抜け毛の原因がロゲインの対象外である可能性がありますので、医師にご相談ください。ロゲインを使い始めて最初の2週間くらいは一時的に抜け毛が増えることがあります。ロゲインの発毛効果により、下から新しい毛が生えてきて、古い元気のない毛が押し出されるからです。

ロゲインの種類

ロゲインミノキシジル育毛剤には男性用と女性用がります。男性用、女性用ともにそれぞれ液タイプと泡タイプの2種類があります。

ロゲインミノキシジル育毛剤の液タイプは、スポイトでミノキシジル液をとり、発毛させたい部分に塗ります。ミノキシジル液を指で広げてマッサージすると、薬剤が頭皮に浸透し毛根に到達しやすくなります。スポイトは何でもよいのですが、ロゲインボトル専用のスポイトが便利です。ボトルにねじこんで蓋の代わりにすることができます。

ロゲインミノキシジル育毛剤の泡タイプは、ミノキシジル育毛剤が泡の状態でボトルから出てきますので、 スポイトなしで塗ることができます。また、塗った後にたれてきませんのでたいへん便利です。 ただし、泡タイプのほうが液タイプよりも価格は高いです。 たくさん使うかたは液タイプのほうが経済的でしょう。

ロゲインはオリジナルブランドで根強い人気!
ミノキシジル育毛剤のオリジナルはロゲインです。その他の医薬品と同じように、ミノキシジル育毛剤にはジェネリック製品があります。ロゲインミノキシジル育毛剤のジェネリックで有名なものにはカークランドやリアップがありますが、カークランドは米国のコストコ社のブランドです。

リアップは日本の大正製薬のブランドです。いずれも有効成分はミノキシジル5%ですので、効き目は同じとされており、3つのブランドの中で価格はカークランドが最安です。売れている本数からするとおそらくカークランドが一番です。

リアップもロゲインのジェネリックなのですが、価格はオリジナルの2倍くらいします。リアップは外装パッケージがとても高級に見えますが、有効成分は同じですので、効き目も同じです。リアップは日本国内では入手しやすさもあり、人気があります。ロゲインはオリジナルブランドですので根強い人気があります。

ロゲインの副作用

医薬品には必ず副作用があります。ロゲインミノキシジル育毛剤も医薬品ですので、例外に漏れず副作用があります。ロゲインミノキシジル育毛剤は発毛の効果を持ちますが、副作用として頭皮に痒みがともなうことがあります。詳しくご説明しますと、ミノキシジル育毛剤の液タイプには、プロピレングリコールにが含まれているため、頭皮の痒みをともなうことがあります。

プロピレングリコールには低容量では生物への毒性が低く無味無臭です。プロピレングリコールには保湿性や防かび性にすぐれているため、医薬品、化粧品、麺、おにぎりなどの品質改善等、広く使われています。ロゲインフォーム泡タイプにはプロピレングリコールは含まれておりませんので、液タイプで頭皮の痒みや炎症が出たかたは、フォーム泡タイプをお試しください。

また、ロゲインミノキシジルは血圧を下げる効果がありますので、多量のロゲインミノキシジルを一度に塗ると低血圧となることがあります。これまで国内においてロゲインミノキシジルの使用により数名のかたが循環器疾患で亡くなっているそうです。循環器に問題のあるかたは気をつけたほうがよろしいでしょう。

当然のことですが、ミノキシジル育毛剤の使用を中止すると脱毛が再び始まります。ミノキシジル育毛剤の使用を再開すると再び発毛が始まります。

ジェネリック製品

ミノキシジル育毛剤のオリジナルはロゲインです。その他の医薬品と同じように、ミノキシジル育毛剤にはジェネリック製品があります。ロゲインミノキシジル育毛剤のジェネリックで有名なものにはカークランドやリアップがあります。カークランドは米国のコストコ社のブランドです。リアップは日本の大正製薬のブランドです。いずれも有効成分はミノキシジル5%ですので、効き目は同じとされています。

3つのブランドの中で価格はカークランドが最安です。売れている本数からするとおそらくカークランドが一番です。リアップもロゲインのジェネリックなのですが、価格はオリジナルの2倍くらいします。リアップは外装パッケージがとても高級に見えますが、有効成分は同じですので、効き目も同じです。リアップは日本国内では入手しやすさもあり、人気があります。ロゲインはオリジナルブランドですので根強い人気があります。